看護師の必要性


看護師の必要性

超高齢化社会を迎える日本にとって医療と福祉の分野はこれからも大変重要な分野となります。 特に医療については適切な医療ケアを行うためには、どうしても人手が必要となります。 高まる医療需要に対して、慢性的な看護師不足の状況が続いています。夜勤や長時間労働、責任の重さから短期間で退職してしまう看護師も多くいます。
特に現在の看護師不足の中で深刻なのは男性看護師の不足です。医療行為を行うのみならず、病院では患者の介護業務も重要な業務の一つとなっています。 この介護業務にはある程度の力仕事が付随することから、男性看護師の必要性が高まっているのです。
また、医療の高度化により専門性を有した看護師の養成の必要性も高まっています。 これは、内科、外科、小児科などのそれぞれの分野における医療研究が進んだ結果、難病に対する新たな治療方法や過去の治療方針の見直しが生じ、 医師や看護師の知識や技術の向上が不可欠となっています。
これらの状況からも、看護師の必要性が高まっていることは確かですが、看護師の質を高め、かつ看護師の量を確保することは一朝一夕には困難な課題です。 看護師の専門性を高めるためには病院内での研修や勉強会を開くことが不可欠ですが、このことにより看護師の負担が増えることは避けなければなりません。
このため、一旦、現場を退いた看護師を現場に復帰してもらい、看護師の全体数を増やすことが不可欠です。 まだまだ高まる看護師の必要性に対して国や地方自治体が一体となって取り組むことが必要とされています。
[看護師・薬剤師求人サイトのご紹介]
看護師の求人サイトをお探しの方はこちらからどうぞ → 看護師求人2013


ページTOPへ